忍者ブログ
サンチャゴ周辺の釣り場、フライタイイング、釣行や体験談などフライフィッシングについて色々と書いてます.その他サッカーや日常的な出来事もチョコチョコッと載せています。
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週の土曜日からはチリでは夏時間になります!
夜の十二時ジャストに一時間進めることによって、明るい時間をもっと有効に使い省エネするためです(多分)。日本では夏時間は実施されてないようですが、何故でしょうかね??日本の皆さん理由は知っていますか??

さて、解禁も後一ヶ月ジャスト。
今回のオフシーズンに結構タイイングをしたおかげでフライの準備は万全ですので、今はゆったり気分でニューパターンに挑戦したり、何時ものパターンをアレンジしたりして楽しんでいます。

前にも言ったと思うんですが、サンチャゴ周辺の川は解禁当時は雪解けのせいで大分川が濁っています。ですので、マッチ・ザ・ハッチと言うよりも濁りの中でも目立つフライが役立つんですよね。

そこで、まずは定番のヘアーズ・イヤーにラバーレッグを付けてみました。このフライは昨シーズン初期に濁りまくっていたCoyanco川で気難しい鱒を引っ掛けてくれたので信頼できるフライです。



何時ものオレンジだけではなく、黄色いラバーレッグも使って巻いてみました、果たしてその効果は??



最後に僕の行く川では絶大な効果を持つプリンス・フライにもラバー・レッグを付けてみました。ちょっとしたラバーフィーバですね



ただ、ここまで行くとただ単にラバーレッグを付ければ良いってモンじゃないよと言われそうですが・・・

まあ、結果よければ全て良しということで


あ!!
忘れていました。

友達のコネで特別に私有地の中を流れる小川を金曜日釣りに行くことになりました!!!
解禁前ですが私有地の中を流れる川なので違法ではないようです。ラッキー!

早速ラバー部隊が活躍するのかな??



人気ブログに参加しています、一日一回ポチっとお願いします   
     
banner_03.gif
PR
もうそろそろフライに関した事をしないと耐え切れなくなってきたので、今週夜の8時から9時まではフライタイイングターイムと決めました。

サンチャゴ周辺にある川の規模は小さく落差の激しいのが特徴です。解禁当初にはまだまだアンデス山脈の雪解けをたっぷり含んでいるので川はメチャ濁っています(特有の薄い緑色の川の色は銅が関係しているのかな??)


嬉しそうな顔してるなー 

写真に写っているのは解禁当初に釣ったニジマス君。この日、Cajon del Maipoの川は予想通りメチャクチャ濁っていた。御なじみのB.H.ゴールド・リブド・ヘヤーズ・イヤー(いやー日本語でこう言うフライの名を書くとややこしい上に読みにくいですね!)で狙ってみたが無反応。プリンス、カディス・ラーバとどんどんローテーションをしていったのですが、空しく時間が過ぎていくだけだった。

この当時、川が濁っていてもこれらのフライで十分釣りが出来ていたので濁り専用のフライは何時も巻いていなかったが、何故かこの釣行の前夜に一つだけ巻いたフライがあった。
サンチャゴでは相変わらずの低気温+雨(冬だから当たり前か・・・)
一刻でも早く暖かい春が来て欲しいです

皆さんの一番好きな季節は何ですか?
僕は誰がなんと言うと夏が一番好きですねー
体を動かすのが好きだからやっぱり日の長い夏が一番! 更に、夏には半ズボンとTシャツだけで過ごせますからね、Simple is the best!

そして勿論、大好きな釣りが出来る!

最高の季節ですね

さてその夏の時に使うのが大きなホッパーパターン

初めて巻くパターンっていつも今ひとつしっくりしません・・・

実はホッパーパターンを巻くのは今回が初めて。何時もは数年前買いだめした物を使っていのですが、昨シーズンで在庫が底をついたので、今から夏に向けてこの大型フライにドバッと鱒が出てくるのを思い浮かべながら巻き巻きしていくつもりです。


**********************************************

この週末も連休ですのでまたキンタイへ行ってきます。

この前釣り上げたぺへレイを釣友のRobertoへ見せたら、「なーんだそんなもん」って言われ次の写真を送ってきました


デケー!

とてつもなく大きいアルゼンチン・ぺへレイ、彼のとっておきの穴場で釣ったらしい。しかも、これの倍もある魚を見かけたとも言っていた。

さすがにこのサイズのぺへは釣れないだろうが大物を狙ってまたあの私有地の人口湖へ釣りへ

行ってきまーす!


人気ブログに参加しています、一日一回ポチっとお願いします   
     
banner_03.gif


このブログを書き始めてから既に数ヶ月経っています。
何時もの三日坊主で終わらなかったこのブログ、自分なりに結構気に入っています。しかし、まだまだ発展途上のこのブログの進歩のためちょっと前から他にどのようなフライフィッシング・ブログが有るのかウェブで色々と探し出しました。他人の振り見て我が振り直せってね・・・

少し話がそれますがフライフィッシングって結構古い釣り方。ですから疑似餌として使われるフライも相当古いパターンがあります(俗に言うクラシック・パターン)。これらのフライはどの材料(マテリアル)をどう使い、どのような感じで巻いていくのかとすでにフライの大先輩達が考えてくれたおかげで手順は世界中知れ渡っています。

しかーし

いくらパターンの"レシピ"の言う通りに巻いても完成品は十人十色。さらにマテリアルも換えたら全く別のフライが出来るといっても過言ではありません。ですのでフライタイイングの道は奥深い・・・

チリでは僕の知る限り大抵のフライマンはクラシックパターンを使います。こちらのフライサイトを見かけてもニューパターンとして紹介されるフライはごく少数。アイディアが貧困なのか、ニューパターンが知られていないだけなのか知りませんが、「これは!」ってな感じのニューパターンのフライは見かけられません。

ただし

マテリアルへの研究・追及そして眼力は恐るべき物です。此方のフライマンはマテリアルとして使える物はないかと、絶えず目が光っています。どんな物を使っているの??と聞かれた方のために例を出すと: クリスマスツリーの飾り物、スーパーのビニール袋、トイレの水を流すための鎖、etc...

しかし、日本フライマンでも画期的なフライマテリアルを使っている方がいると言う事が釣りブログ巡りで分かりました。

色々面白いアイデアがあるのですがGodzillaさんの「一から出直し修行的毛鉤釣」に出ているセミトラVフィルムには驚きました。
今日は!
いやー降る降る(雨)と思っていたらとうとう降りませんでした。
一日中生暖かくいかにもって感じだったのでチョクチョク外へ出て空を見上げたのですが、空しく数滴が落ちてきただけ・・・

屋根に上ってアンデス山脈の方を見ると結構降っていたらしい・・・


僕の何時も行く川はどうなっているのかな?


さて今日の午後、かなりの強風が吹いていたのですがそのせいで(多分)停電になりました。
五時半頃停電に成ったのですが、一時間経っても元に戻りそうにない・・・
電気が無かったらラジオもPCもテレビも本すら読めない・・・


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[12/29 Primavera]
[07/01 Tanaka]
[06/27 Gen]
[05/01 美紗子]
[04/10 FOX]
プロフィール
HN:
Japanfly
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1982/10/26
職業:
水産学科
趣味:
フライフィッシング、サッカー、水泳、ランニング、テニス、etc...その他読書、映画鑑賞、テレビゲーム
バーコード
ブログ内検索
カウンター