忍者ブログ
サンチャゴ周辺の釣り場、フライタイイング、釣行や体験談などフライフィッシングについて色々と書いてます.その他サッカーや日常的な出来事もチョコチョコッと載せています。
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風邪を引き寝込んでしまいました。
大抵一年に一度は寝込むのですが、やっぱり健康なのが一番ですね。こういう時って普段当たり前だと思っている「健康」や体の不自由の無さに有難みを感じます。


さて今回はチリ・ぺへレイについて



チリのフライサイト、Rios y senderosからのパクリ
絵はMarcelo Guardia Pesce
チリペヘレイはアル・ぺへレイと同じような体つきですが、体表は少し緑がかかっており鱗も小さめで「滑らか」な見た目です(いい加減な紹介だなー)。残念ながらアル・ぺへレイ程大きくはなりません。

チリぺへはアルゼンチン・ぺへレイとは住みかから釣り方まで全く異なります。
アル・ぺへは主に沼や湖に住むのですがチリ・ぺへは主に川に住んでいます。この前釣りに言ったCuracavi川は余り綺麗な川とは言えませんがそれでも、チリペヘは大抵ある程度綺麗な川にしかすんでいません。

日本でも外来種が起こす環境破壊が問題になっていると日本から送ってもらった釣り雑誌で読んだ事があるのですが、チリでも同じことが起きています。元来種であるのチリペヘも魚食性の高い外来種の鱒達に食い荒らされているのです。

少し話がそれますがチリには日本のように釣りに「外道」という言葉はありません(あるかもしれないが今まで僕は聞いた事がありません)。このチリぺへも虹鱒でも狙っているフライマンにとっては外道のカテゴリーに入るのですが、多分この魚種の資源の少なさから大抵の釣り人は「あーあ、ぺへレイか」と言うより「わー、ぺへレイだ!」っと言っているはず(僕の勝手な推理ですが・・・)

チリぺへは口の構造の違いからアルぺへと比べて釣るのが物凄く難しいと言われています。残念ながら日本語での専門用語には余り詳しくなく、インターネットで調べても何も見つからなかったので簡単に言うとアル・ぺへの口は伸び縮みするがチリ・ぺへの口は鱒の口のように上下に開くだけ。更にチリ・ぺへはアル・ぺへよりかなり用心深いのアタリは繊細で簡単には釣れません、と言われていますけどそーんなに難しくはないんですよね

餌はアルぺへと同じくテボ虫か練りえ、そして勿論フライでも釣れます。

この魚が面白いのはフライフィッシングの教科書通りの釣り方をしたら釣れない所。普通、渓流釣りをする時は(餌釣りでもフライでも)なるべく自然に餌を流しますがこの魚にはこれは通じません。不思議なことにこの魚は動く物に敏感に反応します。

フライフィッシングではフライが不自然に流れる事を、ドラグと言いこれを出来るだけ避けるためフライマンは一所懸命キャスティング練習をしたりラインメンディング等をするのですが、この魚を釣るときにはこれは不要!ある意味、フライの素人に簡単に釣れそうな魚なんですね。




餌を使っていますがチリぺへ釣りの動画を見つけました。見てみたら直ぐ分かるように小さな浮きを使用し着水後、ゆっくりリリーリングしながらアタリを待ちます。見た目は簡単ですがやってみるとそう上手くは行きませんよ


チリに居る日本の方、近くの川に行ってみて一回やってみたらどうですか?


あ、でも今は産卵時期ですから禁漁になっていますので解禁の12月になったら行ってみてください 


** チリペヘのシーズンは12月16日から8月15日まで、漁獲量は一日15匹。
アルぺへのシーズンは一年中、漁獲量は一日73匹まで。



人気ブログに参加しています、一日一回ポチっとお願いします   
     
banner_03.gif


PR
今年はラ・ニーニャ現象であまり雨が降らない筈だったのに、この週末はまたもや雨になりました。なんでですかね、丁度週末に雨が降るのは??月曜日から金曜日が晴れていて週末だけ天候が崩れる・・・これ程頭に(釣り人にとって)くる事は無いと思います。

幸い僕が行ったキンタイは反対で、金曜日まで雨だったが向こうに着いた土曜日からは晴でした。

予定していた通りぺへレイ釣りに行き、この前の釣行と同じく一時間ちょっとで2匹釣り上げることが出来ました。Robertoの釣ったような大物ではないですが、釣り欲求不満を解消するには少しは役立ちます。

特別なことは別になかった釣行だったので釣りの話はこの辺までにしておき、今回は幾分前から何度も釣りに行っているぺへレイについて少し書いてみました。

釣りを長年やっていると段々道具が増えて来ます。
フライを始めて約10年、気がついてみるとフライボックスが5つもあることに最近気がつきましたた。始めは何でも入るような大きな区切りのボックスを使っていたのですが、その内便利さやカッコ良さを求めて他のフライボックスを買って行きました・・・

釣りに使用するフライも同じような物で、始め使用するパターンも少数で(と言うかこれらのパターンしか結べなかったか知らなかった)フライタイイングの腕が上がっていくにつれフライのバリエーションも増えていきました。普通なら、新パターン等は実際の釣りで使ってみてお魚さんから好反応を得られればそのままこれからもタイイングするが、そうでなかったらフライボックスから消える事になっている。ときたまフライマンは「僕がお魚ならこのフライには直ぐに飛びつくだろうな」という感じの勝手な思い込みをしてしまうため、なお更実際使ってみてからそのフライの効果を試してみる必要があるのです。

しかし、解禁はまだ遠い未来・・・新パターンで試し釣りしていないので現在新パターンが極端に増えどんな新フライを巻いたかも忘れてきてる程・・・

実際、先週Curacavi川へぺへレイを釣りに行った時に日本から折角贈ってもらったセミトラVフィルムを使って巻いたフライで試し釣りしようと持っていったのに使い忘れてしまった。Godzillaさん御免なさい!

解禁までまだ約5ヶ月程残っているので新パターンはこれからも増えていく筈。今からどの様に効率良く(使い忘れが無いように)新フライをどのフライボックスに収めていくか思慮分別をしなくては・・・

次のフライはどれも未だ試されていない新パターンです・・・早く川へ試し釣りに行きたい・・・











人気ブログに参加しています、一日一回ポチっとお願いします   
     
banner_03.gif
今日は!

チリ対ジャマイカの親善試合見ました?
対コスタリカでは2-0で負けたので今回も負けるだろうなと思いながら見ていたら1-0で勝っちゃいました。しかしあれですね、この程度のレベルでは多分Copa Americaでは惨めな結果になるんでしょうね。良い選手がそろっているのに誠に残念、Acosta監督の潮時かな?

さて今回はチリでのキャッチ・アンド・リリースについて。本来外来種である鮭・鱒類のキャッチ・アンド・リリースをするのは正しいのか間違っているのか、ちょっと前まで僕が良く訪問するチリのフライサイトでのフォルムでなった話題ですので、取り上げてみました。




今日は!

この頃寒いですねー
灯油の臭いが嫌いなので出来るだけストーブを使っていなかったのですがおばあちゃんが居るので最近は頻繁に使うようになりました。

さて

やっぱり新品のロッドを一振りしたくLos Dominicos公園へ行ってきました。

フライフィッシングが殆ど知られていないチリの公園でキャスティング練習すると大抵の人から変な顔で見られます。フライをやり始めた当初は大分恥ずかしがりながらやっていましたが、今は例えどんな野次を飛ばされようが平気でキャスティング練習が出来るようになりました、って恥ずかしがることじゃないんだけどね・・・

新品のラインを芝の上で使って汚すのもなんだからお古のリールとラインをG.Loomisのロッドに通して練習開始!!

ひゅーー!!

飛びます飛びます、ラインが一人で勝手に飛んでいきます。前の#5ロッドはミディアムロッドだったためラインスピードが遅かったのですがこのロッドはファーストテーパーのためラインのスピードがメチャ速いです。気軽にキャストしていてふと気が付いたらもう殆どリールのラインが残っていません。ライン全体は約27メートルあるから・・・

つまり!

24-5メートル飛ばしたのか!!

イヤー自分でも信じられません、初っ端から自己新でてしまいました。


しかーし!!
フライキャスティングは飛べば良いって物じゃない。

飛距離も大切だがプレゼンテーションの方が大事、で案の定出来るだけ遠くに飛ばすとプレゼンテーションとは到底言えない程ラインがぐしゃぐしゃになってしまいす。

飛距離をだしつつ丁寧なプレゼンテーションが出来るようもっと練習しなきゃ!



人気ブログに参加しています、一日一回ポチっとお願いします   
     
banner_03.gif


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/29 Primavera]
[07/01 Tanaka]
[06/27 Gen]
[05/01 美紗子]
[04/10 FOX]
プロフィール
HN:
Japanfly
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1982/10/26
職業:
水産学科
趣味:
フライフィッシング、サッカー、水泳、ランニング、テニス、etc...その他読書、映画鑑賞、テレビゲーム
バーコード
ブログ内検索
カウンター