忍者ブログ
サンチャゴ周辺の釣り場、フライタイイング、釣行や体験談などフライフィッシングについて色々と書いてます.その他サッカーや日常的な出来事もチョコチョコッと載せています。
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [9] [8] [7] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は!

だんだん寒くなってきましたね。いつも7時頃に庭に新聞をとりに出るんですが、日に日に暗くなってきました。
夏ももうあと少しですね

さて今日は昨日紹介したプリンスフライを使っての釣り方の紹介です。こう書くといかにも僕がベテランの様に聞こえますが殆どがテオリーだけです、まだまだ修行が足りません

このフライはチリ(世界)のどの川でも使えますので大まかなな使い方の他、サンチャゴ周辺の川での今まで成果のあったの使い方も紹介します

このアトラクターフライの川での使い方は二通りあります、ウェットフライ風とナチュラルドリフトですね。

ウェットフライ風ではアップクロス(上流へのキャスト)かクロスキャスト(川を横切ってのキャスト)をしてから魚の居そうなポイントまでフライを沈ませます。その後フライを足元までリトリーブします。リトリーブする時のコツは2・3回強くそして短くリトリーブすること、そしてその後はポーズ。これを足元までしっかり繰り返します

たいていの場合は最初のリトリーブでアタリがありますが、そうでない場合フライが岸の浅い所まで来た時にアタリがある事も。ですからあわててピックアップしないでしっかり最後までリトリーブしましょう。

アタリはリトリーブをしているので竿先でググッと感じられますので、素早く軽くあわせるのがコツです。ポーズのときもラインを張っているので竿で感じられます。

ウェットフライ風で釣る時は大きめのフライを使います(#8 と #10)その方が目立ちますからね



ナチュラルドリフト風では名前の通り(Natual Drift)フライを流れに乗せて出来るだけ自然に流します。この釣り方でもやはりポイントのちょっと前にキャストしフライを沈ませます。その後ラインメンディングをしながら流します。

この方法ではラインの動きを見ないとアタリが取れません。フライを流している最中少しでも不自然な動きを(ラインが止まる、流れを横切る等)したら即座にあわせましょう

ここで取って置きのコツを教えましょう。フライをを沈めてから鱒のいそうなポイントを通過する時に竿先を少し上げるのです、こうする事によってもちろんフライも上昇しいかにも(鱒から見て)逃げてるような動作をするのです。食い気のある鱒がいたら一発でアタリがあるでしょう

ナチュラルドリフトで釣る時は#10 から #16のもう少し小さめのフライを使用します


僕はサンチャゴ周辺の川ではこの二通りの釣り方をミックスして使います。これらの川はあまり大きくないためロングキャスティング等不要でピンポイトで攻めていきます。

基本的には釣り上がるときはナチュラルドリフト風、釣り下がるときはウェットフライ風を使いますね

流れが急でフライを流す所か鱒も居ないだろうなーと思ったら間違いです。その急な流れの横の緩やかな流れの中でで鱒は餌が来るのを待っています。

c7b453c9.jpg

写真ではロベルト・Gが今言った急な流れの横の緩やかな流れを攻めています。この様に竿先を上げてフライを流すとラインメンディングが不要なためより良いプレゼンテーションが出来ます

後僕はフライフィッシングの教科書に反したような釣り方を行います。この釣り方は大学の友達のジュリアンから学んだもので彼はストーキング(ポイントへ魚に気づかれない様近づく技術)なんて聴いたこともないような方法で釣るのです。それでも釣れるのは鱒が釣り人にスレテいないのかそれともメチャクチャ腹が減っているのから?

3f3155f8.jpg

 釣り方はこうです
彼はまず赤い点までジャブジャブと川へ入っていきます。ここでのポイントは黄色いしるしのところ
そこで彼は緑の点へキャストしてからラインを流れに乗せます、ここまではまあアプローチ以外は普通なんですけど彼はフライを流しきったら流れの中リトリーブを開始します。もちろん流れのせいでフライは水面へ浮き出てしまいますけどそんなのお構いなし。で、これを数回繰り返します。

こんな雑なプレゼンテーションなんか通用するか!と僕は始めの方思ってましたけど結構行けるんですよ、この方法。時にはキャストすらせず、竿先を激流の中に入れてラインを流れに持って行かせそれから釣るんです。 

ま、もし釣りに行ったら本当かなーてな感じでやってみてください
ちなみにフライが浮き出るのを防ぐため彼のフライにはメチャクチャウェイトを入れて巻いています

注 多分この釣り方は神経質な鱒のいる川では使い物にならないでしょう



余談

いつもコメントをしてくれている "t"さn ことJoseernesto はこのジュリアンを知っています。数年前Maule川の方へ三人で行きました。結構過酷な釣行だったのですがこの釣行以来Joseernestoさんを釣りに誘っても断られます

その時の釣りについては又今度載せます



以上!


P.S.誰か数時間(夕立)だけでも釣りに行きたくありませんか? 





PR

コメント
無題
ほんと過酷だったよ!!
ゆで卵二個で一日中あるかせるんだもの!!
こっちそんなに体力ないっつーの!!
【2007/02/14 23:18】 NAME[t] WEBLINK[] EDIT[]
ブログ見たよ~

日本語忘れてなかったんだね(笑)

いつ日本に来るの??

【2007/02/15 20:04】 NAME[ユウジロウ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[12/29 Primavera]
[07/01 Tanaka]
[06/27 Gen]
[05/01 美紗子]
[04/10 FOX]
プロフィール
HN:
Japanfly
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1982/10/26
職業:
水産学科
趣味:
フライフィッシング、サッカー、水泳、ランニング、テニス、etc...その他読書、映画鑑賞、テレビゲーム
バーコード
ブログ内検索
カウンター