忍者ブログ
サンチャゴ周辺の釣り場、フライタイイング、釣行や体験談などフライフィッシングについて色々と書いてます.その他サッカーや日常的な出来事もチョコチョコッと載せています。
[98] [97] [96] [94] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は!

夏に近付いてきたので日が毎日長くなってきました。アウトドアー好きの僕は釣りだのランニングだの筋トレだのと忙しく毎日を楽しく過ごしています。お陰で一週間以上もブログをほったらかしにしてしまいました。

さて、今シーズンの初釣行に行ってきました!

本当は第七州辺りの川へ釣りに行きたかったのですが都合が悪かったので仕方なく何時もの私有地へ釣りに行ってきました。しかも2度も!!

前回の釣行記はダラダラと長かったので今回は出来るだけ省略してみました。

シーズンが始まって釣りに行ったのはFarellones方面の私有地。もう何度も行っているので地主さんとは顔見知り。前回の釣行では気温のせいか、いつも魚の活性が高くなりだすのは決まって朝の九時半から十時頃。そこでこの日は比較的遅めに川へ着いて釣り始めたのが朝の十時頃。

川へ着いてみるとテントが彼方此方に張ってあります。勿論この中には釣り好きの人も居るはずだから今日の釣りは厳しく成りそうだと思いつつも、テント前のポイントから釣り上がります。

何時もはロベルトやフランシスコと釣りに行くのですが今回は久しぶりの単独釣行、ですので自分のペースでゆっくりとしたペースの釣りを楽しむことが出来ました。

定番のヘーアズ・イヤーで数匹釣ってからはドライで釣り上がります。この日は自分のペースで釣っていたせいかやけに調子が良く、100メートルも進まない内に釣果は2桁突入。



しばらく行くと何時の間にか十歳位の子供が後を着いていて、

「ねーねー、叔父さん釣った魚何で逃がすのー??なんの為に釣りをしているの??」

と質問攻めに会いました。なんだか僕の小さい頃にそっくりなこの少年、僕が絶好調でバンバン釣り上げているのを見て

「僕も釣りをするんだけど、餌が無いんだ」

と言うので、ヘアーズ・イヤーを一本快くあげたら喜んで走り去っていったが暫くすると釣竿を手にしてまた現れた。スピニングロッドとリールではやり難いが一応フライの流し方を教えて一緒に釣り上がることに。

十分も釣り上がっていないうちにこの少年の家族が川原で日向ぼっこをしており、皆僕のフライフィッシングを不思議そうにジロジロみます。チリではフライフィッシングはそう知られていないのでこんな事には慣れっこなんですが、やはり大勢の前で釣るのはちょっと気が引きます・・・

暫くするとこの少年の父ちゃんが現れて、彼もジーっと僕の釣りを見学。そろそろポイント移動しようかなと考えていたところ、なにやら父ちゃんがゴゾゴゾ肩掛けバッグから虹鱒らしきものを取り出し川で洗い始めた。そこで、近付いてみると30cmアップの立派な虹鱒ではないか!!中には40cmアップのお魚も!!

で、どこで釣ったのと聞いてみると、もう少し上流でこの川は二つに分かれていて水が濁っている小川で釣ったとの事。そこで、早速場所移動。

10分程歩いた所で川の分かれに到着。しかし、オッちゃんの言っていた小川の濁りは半端では無かった。



しかも流れは比較的緩め。水温計は無いが多分水温は15度以上。オッちゃんの言うことを信じるかどうかしばらく悩んだ結果、水がもっと澄んでいた川を釣り上がって行く事に決定。



水の澄んでいる川はなんとなく渓相も美しく心地よく釣りが出来ます。この辺では浅瀬が続いていたのでドライで攻めまくりました。

鼻歌でも歌いながら釣り上がっていたらなんと上流にフライマンらしき人を発見。珍しいなーと思い近付いて話をしたら今回が初めてだと。何やらどのフライを使ったら良いか迷っていたので、またもやヘアーズ・イヤーを提供。

彼と別れて暫く進んでいくと、あれれ・・・またフライマン??

竿がひーふーみー・・・ 

何と、7人程のフライマンが釣りをしていました!!正直言って、サンチャゴ周辺の川でこれほどの釣り人に会ったことはありません。これだと、これよい上流は厳しなると思ったがこの日のニジマス君達のフライへの反応は抜群。この日の当たりフライはにグレーのコンパラ・ダンで、あるポイントでは立て続けに5匹もニジマスを釣ることが出来ました。


ちょっと分かりにくいかも知れませんが、このコンパラ・ダンの成果を見せるべく釣りながら動画を撮ってみました。

 


さて、午後頃には既に30匹程釣っていたのでそろそろ大物でも狙いたくなってきた。しかし、この川ではどうやっても15cm前後の虹鱒しか釣れないので、あの濁った小川へ行く事に・・・

小川はこれでもかっ!!てな感じの濁り具合の上、水量も少なめ。半信半疑で暫く歩き続けたら、小さな落ち込みで魚影らしき物を発見。この濁りでは到底ドライでは無理なのでヘアーズ・イヤーで攻めます。濁りのせいで何処にどう流せば良いか良く分からなかったが暫くすると、フィッシュ・オン!!



写真は上手く撮れなかったが、確実に前の川のアベレージサイズを越えている虹鱒だった。そこで、落とし込みだけを狙いながら釣り上がっていったら、大きいのが釣れる釣れる。





比較的大物が釣れるこの小川でしたが、あれですね。こうも渓相が汚いと、何だか釣りが楽しくありません。川の規模と濁りから言って何だか水溜りで釣りでもしている気分になっていました(ちょっと前までは大物が釣りたい!と言っていたのくせに・・・贅沢ですね)

でも、この次の動画も見てもらえば一寸は僕の気持ちも分かる筈です。




この後、もう少し釣り上がるが午後の4時頃に帰宅。

**************************************

あの釣行から三日後、彼女とフランシスコと一緒にまた同じ川に行きました。

日に日に川の水量は減っていき水も澄んでいきます。そこで、いつもならニンフで攻め始めるのですがこの日は初っ端からドライで勝負。

前回の釣りで調子の良かったコンパラダンで釣り上がって行きますが、何故か釣れるのは何時もより小型のニジマス君ばかり。

更に、この日は何故かバラシが多発。多分かけた魚の4割はバラシたと思います。理由は多分魚達が釣り人のプレッシャーのせいで大分すれているのが原因なん でしょうね。元に僕のドライをバシッっと尾びれで弾いたニジマス君や最後の最後に見切られてUターンしたのも沢山いましたから・・・

その様子を次の動画でどうぞ・・・使用しているフライはコンパラ・ダンです



なんだかんだ言ってまた長くなってしまいましたね
では今回はこの辺まで・・・

チャオ!

P.S.
最近、釣っている間ズーッと何をどうブログに載せようかなと考えている自分が居る事に気が付きました(笑)



PR

コメント
無題
こんにちは!
こちらは冬に向かっている季節で最近はダウンを着ないと寒いくらいですから、エントリー見ながら暖かそうで良い釣りしてるなとうらやましいです。
動画も言葉はわからないけど楽しめましたよ!次回も楽しみにしています。
【2007/11/27 11:59】 NAME[Lt_cahill] WEBLINK[URL] EDIT[]
無題
今日は!

サンチャゴは日に日に暑くなってきましたよ。今年の夏は本当に厳しくなりそうです。

今度釣りに言ったら日本語で話しながら動画を撮りますからお楽しみに!

【2007/11/28 09:19】 NAME[japanfly] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/29 Primavera]
[07/01 Tanaka]
[06/27 Gen]
[05/01 美紗子]
[04/10 FOX]
プロフィール
HN:
Japanfly
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1982/10/26
職業:
水産学科
趣味:
フライフィッシング、サッカー、水泳、ランニング、テニス、etc...その他読書、映画鑑賞、テレビゲーム
バーコード
ブログ内検索
カウンター