忍者ブログ
サンチャゴ周辺の釣り場、フライタイイング、釣行や体験談などフライフィッシングについて色々と書いてます.その他サッカーや日常的な出来事もチョコチョコッと載せています。
[94] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はー

・・・・・

少々落ち込んでいます

またもやサッカーで左肩を負傷しました。 

まだ完治していなかったのかなー??

それよりも、また左肩からこけた自分が腹立ちます。レントゲンをとったんですが、素人目では前回の負傷よりましみたいです。今日の午後医者に見てもらうんですが、軽症で1週間ぐらいで治るような怪我であるよう願っています。

診査がどうであろうとサッカーは今年中はもうやらない事に決めました来年しっかり肩が治ってからカムバックするつもりです。



まあ、落ち込んでてももうしょうがないですからね。パーっと面白かったCajon del Maipoでの私有地の釣りでも思い出すか・・・


これでCajon del Maipoの私有地へ来るのは三度目。おかげで地主さんとは知り合いになれたので、今回は特別に釣友のRobertoとFernandoとFernanndoの彼女のMartucaを誘い4人で釣りに行きました。

比較的遅めに出かけ私有地に着いたのは朝の8時頃。地主さんが言うには上流のほうが虹鱒のサイズが大きいということなので、まず川を見向きもせず30分ほどひたすら歩きました。

川は二週間前とは打って変わって増水状態からやや渇水状態へ移っており、わずか2週間で10cm水位が下がったのです。つまり、今日のニジマス君達は釣りにくくなっている筈。望むところ、腕の見せ所だ!と始めから力んだもんだから10キャスト中、5投は周りの木々を釣ってしまいました。

馬鹿やってるのが分かり、深呼吸でもしてもっとリラックスして釣りだした途端相変わらずのチッビコが遊んでくれます。

まあ、もともと坊主なんて有り得ないと思っていたのですがこれで更にリラックスし調子もアップ!次々と#16-18のフェザント・テール・パラシュートでちびっ子を釣り上がって行きます。


このポイントでは3キャスト中2ヒット1バラシ。写真では分かりませんが木々に囲まれている中でのキャストだったので、自分のキャスティングに結構満足できました。こういう時に釣れる獲物は例えちびっ子でも嬉しいもの



所で4人で楽しくポイントを譲り合いながらワイワイ釣り上がって行くんだろうなと考えていたのですが実際は皆行動がバラバラ。何時もハイ・ペースのRobertoは常にトップバッターで釣り上がって行きます。悪気は無いんだろうが時々ちょっとカチっと来るんですよね、大勢いる時にこんな釣り方をされると(特に自分が散々攻めた後、このポイント絶対出るからやってみな俺はあっち。まあ、その分攻め方が大雑把なので彼の後ろでつっても釣果の問題は無いから別にいいんだけどね(この釣行でRobertoのあだ名がロード・ランナーに決まりました)。



小さな落ち込みの横の日陰に座っているのはRoberto、勿論落ち込みは既に攻めていました。でも、どうやらアタリが無かったらしかったのでB.H.ヘアーズ・イヤーで攻めてみると3投目にフィッシュ・オン!


気のせいか少しずつサイズが大きくなっている・・・

さて、FernandoとMartucaはRobertoの正反対の超のつくほどののんびり派、と言うよりも粘り派とでも言うべきかな?ともかく何度も何度も同じポイントへフライを流します。で、僕はこの二組みの間を追いついたり待ったりしながら釣りをしたのです。結構気を使うんですよね、これが。

おっと余談ですが書き忘れる前にちょこっと。チリに住んでいる日本人の為の情報なんですが、チリの中央部には下の写真に出ているLitreと言う木があちこちにあります。この木の表面にはどうやら触るとアレルギー反応を起す成分があるので、僕のようなアレルギー体質の人は注意してください。見分け方は比較的簡単、葉っぱの周りが不規則にウェービングしているのがLitreです。



もし、どうやってもLitreとの接触が免れない場合はチリのおまじないを使いましょう。それはLitreを触る前に「Buenos dias, Señor Litre」(Litreさん、こんにちは)と挨拶するだけでOK。おまじないの効果は保障出来ませんけど・・・

さて、話を釣りに戻します。11時頃、釣果が二桁を突破したのでこれからは大物狙い。そこで、この前考えたように出来るだけ遠くからのアプローチを始めました。で、釣りあがる事数分、次のようなポイントが目の前に・・・チャンス!



写真を撮った位置から(距離は約13メートルちょっとかな)真ん中の岩にラインを載せるよう#16おメイフライ・パラシュートをキャスト!!ゆっくり流れてくるフライを固唾を呑みながら睨めていると、フライフィッシング・ビデオでみかけるように大き目のニジマスが何の疑いも無くゆっくりとフライを飲み込んだ・・・フィッシュ・オン!狭い流れの中を狂ったように走りまくったがなんとか上手くコントロールでき、無事ランディング成功。少しの間、芝の上でポーズをとってもらいリリース。まだまだ満足のいく大きさでは無いがこの川での新記録です



クリックすると画像が大きくなります


ここでふと緩やかな流れを見つめると、なんとニジマス君の稚魚が泳いでいるではないか!!


普通のサイズの写真では多分見えないだろうから、大きめのサイズ+黒丸

自然繁殖か・・・都会の直ぐ近くでこういう光景を見られるなんて、ラッキー!早く元気の良い大きい虹鱒になってくれよ!

長くなったので続きはまた明日

では、チャオ!
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/29 Primavera]
[07/01 Tanaka]
[06/27 Gen]
[05/01 美紗子]
[04/10 FOX]
プロフィール
HN:
Japanfly
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1982/10/26
職業:
水産学科
趣味:
フライフィッシング、サッカー、水泳、ランニング、テニス、etc...その他読書、映画鑑賞、テレビゲーム
バーコード
ブログ内検索
カウンター